役員・会則 Officers

日本褥瘡学会九州・沖縄地方会世話人

(2018.7.1現在)
代表世話人 上村 哲司 佐賀大学医学部 形成外科
副代表世話人 名嘉真 武国 久留米大学附属病院皮膚科学教室
第15回学術集会会長 野上 玲子 国立療養所 菊池恵楓園 皮膚科
第16回学術集会会長 石井 義輝 医療法人真鶴会 小倉第一病院 形成外科
第17回学術集会会長 名嘉真 武国 久留米大学附属病院皮膚科学教室
監 事 清川 兼輔 久留米大学医学部 形成外科・顎顔面外科
児玉 裕子 宮崎大学医学部附属病院 看護部
幹 事 春日 麗 独立行政法人 大牟田市立病院 形成外科
世話人 芦田 幸代 大分大学医学部附属病院
天野 正宏 宮崎大学医学部 皮膚科
新嘉喜 長 琉球大学医学部 皮膚科
池田  勇 社会保険大牟田天領病院 皮膚科
石井 義輝 医療法人真鶴会 小倉第一病院 形成外科
井上 雄二 熊本市立熊本市民病院 皮膚科
入江 弘美 長崎大学病院 看護部
尹 浩信 熊本大学大学院 生命科学研究部 皮膚病態治療再建学
江口  忍 地方独立行政法人 佐賀県医療センター好生館
看護専門外来、ストーマ・創傷ケア外来
大慈弥 裕之 福岡大学医学部 形成外科
大山 志保 公益社団法人鹿児島共済会南風病院看護部
小川 文秀 おがわ皮ふ科・アレルギー科
海田 真治子 久留米大学病院
梶西 ミチコ 糸島医師会病院 看護部
金蔵 拓郎 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 皮膚科学
岐部 久恵 国立病院機構大分医療センター 看護部
久保 正英 熊本総合病院 皮膚科
黒川 正人 熊本赤十字病院形成外科
古賀 公子 医療法人親仁会 米の山病院 栄養科
清水 史明 大分大学医学部附属病院 形成外科
清水 雄介 琉球大学医学部附属病院 形成外科
下田 雅子 原土井病院
下前 百合香 今給黎総合病院 クオリティコントロールセンター
鈴木 裕一 独立行政法人国立病院機構佐賀病院 形成外科
清家 麻子 古賀総合病院 看護部
大安 剛裕 宮崎江南病院 形成外科
高橋 健造 琉球大学医学部 皮膚科教室
高原 正和 九州大学病院 皮膚科
竹内 善治 竹内皮ふ科
田中 克己 長崎大学医学部 形成外科
辻田 淳 社会保険稲築病院 皮膚科
中村 猛彦 熊本皮ふ科・形成外科
中村 元信 産業医科大学 皮膚科
成富 由司 原土井病院 内科
野上 玲子 国立療養所 菊池恵楓園 皮膚科
畑 美津子 特定医療法人原土井病院
波多野 豊 大分大学医学部皮膚科学講座
原  肇秀 長崎大学病院皮膚科・アレルギー科
東盛 貴光 社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院 形成外科
福山 勝朗 医療法人孝誠会 うすき整形外科病院
藤岡 正樹 独立行政法人 国立病院機構 長崎医療センター 形成外科
古江 増隆 九州大学大学院 医学研究院 皮膚科
牧野 公治 独立行政法人 国立病院機構 熊本医療センター 皮膚科
増田 未散 熊本大学医学部附属病院 褥瘡対策室
松下 茂人 独立行政法人 国立病院機構 
鹿児島医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科
松本 源悟 医療法人親仁会 みさき病院 薬剤科
森岡 康祐 鹿児島市立病院
守永 圭吾 久留米大学医学部 形成外科・顎顔面外科
安田  浩 産業医科大学病院 形成外科
野柳 俊明 高田中央病院 皮膚科
栁迫 昌美 原三信病院 看護部
山下 満博 地方独立行政法人大牟田市立病院 リハビリテーション
幸 史子 活水女子大学看護学部看護学科
吉野 雄一郎 熊本赤十字病院 皮膚科

日本褥瘡学会九州・沖縄地方会会則

2003年8月30日制定
2006年5月27日改定
2007年5月26日改定
2008年8月30日改定
2009年9月05日改定
2010年5月29日改定
2010年8月21日改定
2014年5月24日改定
2016年4月29日改定

 
 
第1章 総  則
  第1条 本会は日本褥瘡学会九州・沖縄地方会(以下、本会)と称し、事務局を株式会社日本ジーニス(〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3-1-27 第2理研ビル2F)に置く。
 
第2章 目的および事業
  第2条 本会は、九州地方における褥瘡や創傷管理に関する教育、研究、専門的知識の増進、普及を図り、併せて褥瘡の予防および医療の向上と充実に貢献することを目的とする。
  第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   

 

1. 学術集会、講演会および講習会などの開催。
2. 他の地方会や内外の関連学術団体との連絡および提携。
3. 必要なその他の事項。

 

 
第3章 会  員
  第4条 本会の会員は次の通りとする。
   

 

1. 正会員  医療に従事するものおよび医学研究者
2. 賛助会員 本会の目的、事業に賛助する個人、および企業の代表者
3. 名誉会員 満65歳以上の会員で、本会に対し多大な貢献があったもの

 

  第5条 本会に入会を希望するものは、所定の申込書を世話人会に提出し承認を受けるものとする。なお詳細は施行細則による。
  第6条 会員資格の喪失は次の各項に当たる場合とする。なお、3年以上会費を未納したものは自然退会とみなす。
    1.退会  2.死亡  3.除名
 
第4章 役  員
  第7条 本会には若干名の世話人と、その中から代表世話人、副代表世話人、会長、監事(2名)および幹事(1名)を置く。
  第8条 世話人会において互選により代表世話人、副代表世話人、会長、監事、幹事を選出する。
 
第5章 会  議
  第9条 代表世話人は毎年1回以上、世話人会を開催し、議長として会を運営する。
  第10条 会長はその年の学術集会を開催する。
 
第6章 会  計
  第11条 本会の会計は、年会費ならびに事業に伴う収入をもって行う。
  第12条 会計は毎年1回、世話人会の承認を得る。
  第13条 本会の会計年度は1月1日に始まり同年12月31日をもって終わる。
 
第7章 会則の変更
  第14条 本会の会則は世話人会の承認を経て改定することができる。
 
会則施行細則
  (会員)
  第1条 学術集会、講習会等における企業展示は日本褥瘡学会及び地方会の賛助会員を優先する。
  (会費)
  第2条 年会費は、正会員2,000円、賛助会員20,000円とする。なお、名誉会員は会費を納めることを要しない。
  (役員)
  第3条 世話人、代表世話人、副代表世話人、および幹事の任期は、2年とし、再任を妨げない。
  第4条 特別な理由無く、3年間連続して世話人会を欠席した者は世話人の資格を喪失する。
  第5条 監事の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、連続2期を超えることはできない。
 
付則
  本会会則、施行細則は2003年8月30日より実施する。
ページ最上部へ